中山 凌 (博士課程3年)NAKAYAMA, Ryo (D3)

■研究テーマ

巻貝に付着するカサガイ類の進化適応的意義の解明

■研究内容

カサガイ類は世界中の潮間帯に生息しており、特に潮間帯に生息する種では、ほとんどが岩礁表面に付着して、その表面上の微細藻類を摂餌して生活しています。しかし、その中でもごく一部の種は、同所的に生息する巻貝類の殻表面に付着する生態を持つことが知られています。ところが、巻貝に付着する生態についてはほとんど研究が進んでおらず、その進化適応的な意義は知られていません。
そこで、私は巻貝に付着する生態を持つカサガイ、コモレビコガモガイ Lottia tenuisculptaを対象に、巻貝に付着する生態の基礎知見や、付着することで得られるメリット、そのメカニズムや進化史を様々な視点から実験・調査で明らかにすることで、カサガイ類に見られる巻貝への付着生態の進化適応的な意義の解明に挑んでいます。


■論文

Nakayama R., Sasaki T. & Nakano T. (2017). Molecular analysis reveals a new cryptic species in a limpet Lottia kogamogai (Patellogastropoda: Lottiidae) from Japan. Zootaxa. 4277(2): 237-251.


■学会発表(国際学会)

[ポスター発表・査読無し]

1. Nakayama R., Nakano T., Yusa Y., Phylogeny and life history of snail attaching limpets the Lottia kogamogai species complex, The Society for Integrative and Comparative Biology 2016, P1-183, Portland Oregon USA.

2. Nakayama R., Nakano T., Yusa Y., Molecular Phylogeny and Behavioral Ecology of "Lottia kogamogai” Species Complex (Patellogastropoda, lottiidae) in Japan, World Congress of Malacology 2016, Penang Malaysia.


■学会発表(国内学会)

中山凌・中野智之、分子系統解析と生活史調査によるコガモガイ類の分類学的研究、口頭、2013年度軟体動物多様性学会、2014/1/25-27、岡山

updating now...

■所属学会

日本貝類学会
日本ベントス学会
日本動物学会

■一言

考え中。